Evernote値上げ 本当の問題点

Evernotephoto

Evernoteの値段上がる

どうも毎度おなじみ、Evernote僧侶です。
この度、Evernoteの価格が上がりました。
私も今日、知りました。
今回の問題点について私なりの見解を書きました。
※いくらが適正価格かについては、ユーザー側の使い方によって異なるので、言及しません。

 

Evernoteへの信頼

私がEvernoteの信用している部分に
・アプリに広告を載せない。
・ユーザー情報を売って儲けていない。
ことがあります。
Evernoteは2億人のユーザーが存在するので、
広告を載せればそれなりの収益になるはずです。
また、それらユーザー情報を「ビッグデータ」と称して、
業者に売ることも可能です。
しかし、それらの安易な収益改善策は用いず、
ユーザーの負担を増やすという、シンプルかつ痛みを伴う方法を取りました。このスタンスは評価できます。

価格アップの本当の問題点

個人的に以下の2点が問題だと思います。

1:「今後収益が改善しなければ、また値上げするの?Evernote大丈夫なの?」という不安が広がる
価格の上げ幅より、この「漠然とした不安」が怖い。この漠然とした不安がユーザーの頭に常に生じます。「Evernote大丈夫かよ?」という不安。これがユーザーが別アプリに移行する要因となってしまうのではないか。

2:有料版への機能追加ではなく、無料版の締め付けであったこと
「これ超便利でしょ?だから有料版にしようよ!」
ではなく、
「このままだと不便になります。だから有料版にしてよ!」
だったこと。
本来であれば、全体的に価格が上がったとしても、プレミアム版に強力な機能を追加し、有料に促す方が良かったはずです。

・私見

Evernoteはフリーミアムという幻想から抜け出し、サブスクリプション型へ移行しているのではないかと思います。AdobeCCの成功を見ると、それも有りなのかなと。AdobeCCは毎年、機能の追加、ブラッシュアップ、高速化などにより、ユーザーを驚かし続け、ユーザーを絶対に離さないようにしています。Evernoteもコア事業の開発をより一層強化して、私たちユーザーを驚かし続けて欲しいです。
Evernoteはシンプルなアプリだから、解決策もシンプルに。