御朱印+IoT=「御朱In」  NFC+QRコード対応の御朱印!!

 

 

御朱印+IoT=御朱In(ゴシュイン)

 

 

R0000584

QRコード対応!
スマホをピッとかざせばお寺のWebサイトに繋がる!

 

R0000585

NFC(近距離無線通信)対応!
NFC対応スマホであれば、御朱印にスマホを置くだけでWebサイトに繋がります!

 

・これまでの御朱印 ~寺の困り事~

 

御朱印をきっかけに仏教やお寺に興味を持って欲しい。
しかし、御朱印をお渡しするだけで、その後のご縁を結べないことが多々ある。
御朱印ブームで参拝者は増えたが、その次のステップになかなか移行できない。

 

・これまでの御朱印 ~参拝者の困り事~

 

御朱印を集めれば集めるほど、そのお寺がどんなお寺であったか、印象が薄れてしまう。
そのうち、御朱印を収集することが目的となってしまう。

 

・御朱Inが解決すること

 

御朱印を渡す・収集するだけの物でなく、
最新の情報を取り出せる”情報発信ツール”にできる。

 

・おすすめポイント

 

実際にお寺に足を運んでくださった方が、
参拝後もお寺の最新情報にアクセスできる事がメリットです。
特に、ホームページやFacebookページ・SNSのなどのSNSを持っているが、
反応が芳しくなく悩んでいるお寺様にオススメです。
また、これからSNS等を始めようと考えているお寺様は、御朱Inとセットで始めるのもオススメです。

 

・導入方法について

 

QRコード

2つの方法があります。

1.書き置きの御朱印に印刷する

QRコードは無料のパソコンソフトを使います。
データをソフトをもちいてQRコードに変換し、御朱印の空いた部分にプリントします。
この方法のメリットは、一度に大量の印刷ができること。
市販のプリンターさえあればいいので、導入コストが低いこと
デメリットは、書き置きの御朱印しかできないこと。
御朱印帳に直接書くものや、掛け軸に書く場合はこの方法は使えません。

2.QRコードスタンプ

シャチハタがQRコード印を販売している(2000円ほど)ので、それを購入すれば、普通の御朱印にポンッと押すだけで、「御朱In」に早変わり!!
スタンプさえ作ってしまえば、その後の維持費等もかかりません。
この方法のメリットは、プリンター印刷では不可能な、御朱印帳、掛け軸にも対応できること。
デメリットは、インク色が黒色のみのこと。

私は今のところ、1のプリンターの方法しか試していません。

NFCタグ

NFCタグはサンワサプライ製のNFCタグを使っています。
ただ、10枚入り1000円と結構高いので、大量に作るのには向きません。
これもNFC対応スマホがあれば、サクサクッとデータを書き込めます。

サンワサプライ NFCタグ(10枚入り) 白 MM-NFCT

※QRコードを自作したいという方には無料のソフトがあります。
それを使えば誰でも簡単に自分のオリジナルのQRコードが作れます。

 

御朱Inの詳しい作成方法については後日ブログにアップします。

・最後に

私自身は、この御朱Inからお寺や仏教に興味を持っていただきたいという気持ち。
そして、近年の御朱印ブームを一時的なものでなく、継続的なものにしたいという想いがありました。
現在は正式な御朱印としてではなく、
あくまでコンセプトモデルとして、ご興味の有る方にお渡ししております。

ご興味ある方はお問い合わせまでお願い致します。

御朱Inについて
朝日新聞デジタルの記事