ScanSnapアンバサダーになりました。

ScanSnapアンバサダーになりました!

iX500自炊イメージ

 

ことの経緯

 

SNSにて私がScanSnap iX500を愛用していると発信していたら、

Evernoteの方にPFUさんを紹介して頂きました。

そこで、私がどのようにScanSnapを活用しているのか

今後、寺院におけるスキャナー利用の可能性を熱弁したところ

「小路さん、アンバサダーやってみます?」

とお声掛けいただきました。

 

私が「やります!」即答すると

「では、アンバサダーの担当者につなぎます」

と、すぐに動いてくれました。

 

はじめましての挨拶から、決定までたった30分!

 

 

PFUさんの決断、

毎分25枚(両面)スキャン可能なScanSnapiX500並みに速い。

 

 

iX500自炊イメージ

さすが世界シェア1位のイメージスキャナー企業!!

 

決断が速い企業

 

このスピード、決断権限を持つクラスの方が第一線にいるからこそ、できることです。

日本の企業でこれができるってすごい。

 

次の日には担当の方から連絡があり、詳細を詰めました。

PFUの方「契約書送りますのでご署名の上、ご返送ください」

私「分かりました―」と返答して数日後。。。

 

秘密保持契約

 

後日、送られてきた書類は

 

「秘密保持契約」

 

これって、あれか。

破ったら、黒服に追われる類のやつか。

黒幕はホワイトハウスにいるやつか。

それともあれか、手のひらを切って真名を唱えながら血で署名するやつか。

その後なんやかんやでボーイ・ミーツ・ガールなやつか。

 

。。。

 

震える手で契約書に署名し、正式にScanSnapアンバサダーになりました。

アンバサダーになるにあたってのやり取りも、迅速かつ丁寧でした。

これまで製品しか愛用してきませんでしたが、企業としても信頼できる会社に感じました。

これからScanSnapを普及させるにあたり、こちらの身も引き締まります。

 

最後に

 

私はスキャナにより私たち僧侶の事務作業を効率化できると信じています。

しかしながら、現状、私たちの業界ではまだまだ馴染みのない製品です。

市場規模や需要も不明、しかも実績の無い私。

それなのにアンバサダー加入を即答で決断していただき、本当に嬉しかったです。

PFUさんの期待に応えられるよう頑張ります。

まずはSV600を使った古文書のデジタル化!

そうそう、PFUさんといえばHHKB!

bluetooth版も出ましたよ!

こんな記事も書いてます。

領収書、紙で保存してるの?

 

 

Scansnapアンバサダー一覧