ScanSnapCloud と Eightで名刺管理のストレスから開放される

Eight導入

 

名刺管理サービスのEightを使い始めました。

Eightの良いところは文字情報を手入力してくれること。

※公式サイトによると99%の精度で変換してくれるそう。

そして、なによりも良いのは

ScansnapCloudと連携可能!!

ScanSnapを使えば、数十枚の名刺が

ものの数分でスキャン。

あとはEightがやってくれます。

ああ、ストレスフリー。。。

Evernoteも自動OCRしてくれるのですが、

「1」と「l」、「g」と「9」などの認識ミスがたまにあったりで、悩みのタネでした。

 

Eight上の表示

 

screenshot_20161201-085429

スキャンが完了すると、データ入力待ちに表示されます。

手入力のため、すぐには完了されません。

プレミアム会員の私は夜に入力したところ、朝には完了してました。

 

データ入力完了

screenshot_20161201-085423

Eightのデータ入力が完了すると、「すべての名刺」に表示されます。

ラベルを作って管理することもできます。

実際の画面

screenshot_20161201-085300

デフォルトでは名前順に並びます。

検索窓では名前以外にも、会社名や電話番号でも検索できます。

名刺データの更新

Eight利用者同士であれば、名刺データを自動更新してくれます。

例えば、自分が転職したり、役職が変わったり、電話番号が変わったとき、

Eightアカウントさえ更新すれば、相手が持つ名刺データも更新されます。

 

Eightのデメリット

Eightは入力したデータのエクスポートは「有料版のみ」

つまり、無料版ではアップしたデータを自分でダウンロードできないという仕様。

このあたりがマネタイズの妙なのでしょうが、

自分のデータを自由にできないというは、気持ちいいものではありませんね。

まとめ

1ヶ月ほど使っていますが、ソフトウェアも使いやすいです。

転職や移転が多いIT企業関係者の情報更新がガンガン届くのはありがたい。

ぜひ他のサービスと連携して、Evernoteで名刺情報が見れたり、

Gmailアドレスに自動アップロードしたりと、サービスの幅を広げてほしいです。