ScanSnapのwifi接続ツールが親切。めちゃ親切!!

・ハードはシンプル。ソフトは親切。

 

過去記事:ScanSnapアンバサダーになりました。

ScansnapiX500、iX100はwifi接続ができます。

でも、ScanSnapって、本体はScanボタンだけのシンプル設計。

液晶画面などの表示がないため、

wifi設定どうやるの??

シンプルすぎて、設定が難しいんじゃないの?

思われるかも。。。

 

実はこれが超カンタン!

ScanSnapシリーズはソフトがめっちゃ親切なんです!

wifi接続設定に必要なのは付属の「ScanSnap無線設定ツール」だけ

これ、購入時の初期設定はもちろん、その後のメンテナンスまで可能なツール!

今回はこの便利な「ScanSnap無線設定ツール」でどんなことができるかについて。

これを読めば、あなたのご心配を払拭できますよ。

 

 

 

・基本メニュー

 

screenclip

初期設定はウィザードを使って簡単に行えます。

その他、接続確認や接続状態の表示もこの基本メニューから可能。

使っていて「あれ?おかしいな」と思ったら、まずこの基本メニュー。

 

・拡張メニュー

 

screenclip

無線LAN接続先を複数設定したり、ダイレクト接続など、ちょっと玄人な機能が入っています。

機能名に加え、概略が書かれていて、どんな機能か把握しやすいですね。

 

・メンテナンスメニュー

 

screenclip

初期化や、証明書の管理などはこちらから。

 

・ScanSnapは誰でも使える

 

 

このツールを含め、ScanSnapのソフト類は扱いやすいものばかり。

家庭用プリンタ使えてるなら、ScanSnapも余裕で使いこなせます。

 

かゆいところに手が届くのがScanSnapのいいところ。

ScanSnapが業務用だけでなく、個人事業主や一般家庭にまで普及できた最大の理由。

それは、このような付属ソフトが分かりやすいから。つまり、IT担当者でなくても使えるようになったから。だと感じてます。

 

ハードはシンプル

ソフトは親切

誰でも使えるドキュメントスキャナ

それがScanSnap