死ぬまでにしなくていい3つの事

 

仏教はライフハックだ!

数年前から雑誌やWEBで「死ぬまでにしたい3つの事」みたいな記事を目にします。

  • 死ぬまでに見たい世界の10絶景
  • 死ぬまでに食べたい10店の料理
  • 死ぬまでにやりたいこと100

などがあります。

果たして「死ぬまでにしたい○○の事」をすれば私達は幸せになれるのでしょうか。

 

欲は尽きることがない

 

人間、一つの欲を満たすと、新しい欲が生まれます。

例えば、「死ぬまでにしたい3つの事」を制覇すると、

次は「新・死ぬまでにしたい3つの事」を考え出す。

それをやり終えると、次は

「死ぬまでにしたい3つの事Z」や

「死ぬまでにしたい3つの事GT」等々を考え出します。

 

心を森と捉える「心森」

 

私達の心を一つの森「心森」と捉えてみましょう。

欲は、私の心森に、炎を放ち、木々を焼いていきます。

いわば、心の焼き畑農業です。

その瞬間は満足して幸せになった気がしますが、また次の欲がうずきます。

そして、またその欲を満たすために火を放ちます。

いつか私達自身の欲によって心森が焼き尽くされます。

最後の最後、

焼きつくした大地に立ったとき、私達は幸せを感じられているでしょうか。

 

死ぬまでにしなくていい3つの事

 

自分自身の欲により、自分自身の心を焼き尽くさないために、

「死ぬまでにしなくていい3つの事」を考えてみましょう!

焼き畑から守るため、自分の心森に「自然保護区」を作りましょう。

私の場合、

  1. 浮気をしない
  2. タバコを吸わない
  3. バイクに乗らない

です。

さて、皆さんも

「死ぬまでにしなくていい3つの事」を考えてみてください。。。

 

欲を無くすって難しい

 

コレ意外と難しいです。結構悩んでしまいます。

私は1,2はすぐ書けましたが、3番目がなかなか決められなかったです。

「お酒はほとんど辞めたけど、たまに飲むよな。。。」

「カメラ買わない なんて絶対無理だし。。。」

「CB400SFいいよなー。いつかはハーレー乗りたいなー。でもなー」

と、ものすごく優柔不断になってしまいます。

 

人間、欲を満たす方向の事は、次から次へと思い付くんですが、

欲を捨てる方向の事はなかなか思い付かないものですね。

 

自分の欲の多さに気づく

 

「しなくていい事」をたった3つが決めれてなくて

その時、初めて「自分にも欲がいっぱいあるんだなー」と気付く事ができます。

この”気づき”を忘れずに、

ほんのちょっとだけ心の隅っこに置いておくだけで、

ちょっとだけ良い人生になると思います。

死ぬまでにしなくていい3つの事は

3つそれ以上のことを心に残してくれます。

 

ちなみにお釈迦さんは死ぬ間際にこんな言葉を残しています。

吾唯足知(われただ足るを知る)

[仏遺教経]

うーん、2500年経っても難しいですよお釈迦さん!