あなたの知らないお香の世界

 

塗香たまたま持ってて良かった

先日のEvernote user meetupで、

「ねぇねぇ、たもと(袖の部分)には何入っているんですか」と、カツアゲ質問が。

袖を探ってみると、塗香(ずこう)が。

「なんすかそれ」という話に。

 

塗香入れ。ひょうたん型の根付けがかわいいです。

塗香(ずこう):法要前に体を清めるために手に刷り込む粉末状のお香。

見た目はココアパウダーみたいな感じです。

20160624-R0000739


塗香はこれくらいの量を両手にすり込みます。

手にすり込むと、ふんわりいい匂いがただよいます。

甘く、シナモンやクローブのような香り。


坊主専用の製品なんですが。。。。

 

女性陣に

「すごくいい香り!」

 

と予想外の感想を頂き、こういうのどこで手に入るのかと

いう話になったので、今回、ブログにまとめます。


山田松香木店(やまだまつこうぼくてん)

 

京都のお香屋さん。

お店は京都御苑のそば、大通りから一本入った閑静な住宅街にあります。

近年改装され、店内は明るく、一般の方も入りやすい造りに。

一歩足を踏み入れると、もうフワリとお香のかおりが。。。

壁には一面の香材棚が並び、坊主向けの専門商品はもちろん、

一般向けの商品が数多く並んでいます。

また、予約制でお香の調香体験・聞香体験などもやっています。

正直、めちゃくちゃオススメのお店。

もしカップルで京都旅行にいって彼女を山田松に連れて行ったら

めちゃくちゃかっこいいと思う(やったことないけど

 

一番のオススメ商品は


「香クリーム」


お香を配合したハンドクリームなんですが、めちゃくちゃいい香りです。

特に珍しいのがマッコウクジラが分泌する「龍涎香(りゅうぜんこう)」が入ったクリーム。

動物性香料として超希少・超高級です。

※ちなみにマッコウクジラは感じでは抹香鯨と書きます。
抹香のような龍涎香を分泌するなので「抹香鯨」と名付けられました。
へー。へー。

 


私は京都に行く度、伺ってます。

いくらデジタルが進歩しても

こういう事は、実際に肌で感じるのが一番!!


京都にお寄りの際は是非、伺ってみてください。


オンラインショップ
もあるよ!

 

 

補足:香木の種類を知っておこう

 

基本的な材料である香木について

 

伽羅(きゃら)

20160624-R0000730
1g数万円もする超高級の香木。
その香りは濃厚で、ひとつまみ薫じるだけで部屋中に香りが広がります。
近年、入手が難しくなり、値段が高騰しています。
お香屋さんは「すいません、伽羅がまた値上がりしちゃって。。。」が口癖。
しかし、一度この香りを嗅ぐと、
なぜこんなにも重宝され、高値で取引されるのかも理解できます。
場の雰囲気が変わるほどの強烈かつ洗練された香りなので、
私はお正月の時だけ使ってます。

高いのでなかなか手が出ません。

 

沈香(じんこう)

 

20160624-R0000732
一般に普及している白檀とは異なる幽玄な香りがします。
白檀よりもちょっと高くて、普段と違うもの。というときにオススメ。
私はお参りの時、沈香を使っています。
理由は、お檀家さんのご自宅のお線香はほとんど白檀系なので、
沈香を使うと普段と違う、特別な雰囲気を作ることができます。

白檀

20160624-R0000727

白檀単体(板状の焼香)

20160624-R0000733

白檀をベースに丁字などが配合された焼香。一般的に葬儀などで使われるもの。

最も普及している香木。
スーパーで売ってるお香にも「白檀」と書かれていますが、
専門店の白檀は全然違います。
お香専門店の白檀を使うと、スーパーの線香は使えなくなりますよ。
(美容院用のシャンプー使うと、市販品使えなくなるような感じ)